エンドのクソ浅い遊戯王

エンドが暇つぶしに遊戯王ことについて記事を作るところです。

久しぶりに更新する途中で止まったことに関しての理由は特にないw
さー今回紹介するのは銀龍轟咆というニューカードについての考察だ。 

速攻魔法
自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。
「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。
素晴らし遊戯王の鉄則でテキストが短いカードは素晴らしい能力とハイパーなスペックと高性能のカードを持っていると言うがこのカードはその鉄則にとてもよくあてはまっている。
【強いところ】
①自壊効果を持っていない
②魔法である。
③レベル制限がない

よってこのカードはドラゴン族通常においての死者蘇生に値する素晴らしい能力とハイパーなスペックと高性能のカードと考えられる。

【使い道】
皆様も気づいているように僕の記事にはムラがある。
ボケがすごく多い場合とスマードな場合の2パターンだ。今回は後者だと言える。
さて上記でカードの効果に触れたので今度はカードの使い道を紹介していこう。
①聖刻
 
レダメというデッキの核が制限されたこのデッキだが未だに強力で強靭な巨人的な強さを所持している。
さらに完成度の高いデッキだが型の数が多く自由な構築の楽しめる高デッキエリートのなかの優秀で秀でたデッキだと言える。ではこのデッキのどの型のデッキに投入するのがいいだろうか?
私はシンクロ軸のデッキに投入することをお勧めしたい。なぜシンクロ軸なのかというとそれは簡単な理由だそれは普通の聖刻とは違いガードがデッキに投入されるので単純にカードの枚数が多いというだけの理由だ。
②ブルーアイズ

アイズデッキが挙げられるストラク 通りに使えば問題がないと思う。
今回のストラクはGやトレードなどの高額カードも多々存在するので購入するだけの価値が存在すると思う。
③カオスドラゴン

カオスドラゴン通称カオドラは今回のストラクによって多大な利益と強力なサポートを得たと思う。
というか今回のストラクではこのデッキが一番恩恵を受けたのではと思うぐらいだ。
まず銀龍轟咆は聖刻軸、4軸、普通のカオドラにも採用される可能性はかなり高い。なぜなら次に紹介するカード仮にXとおくカードの恩恵を受けるからだ。Xは効果の都合上通常のモンスターを採用しなければいけない。そのために銀龍轟咆のとのシナジー関係ができてしまうのだ。以上がボクの考えた理由だ。

他にもわりとメジャーではないドラゴン族またはその他の種族のデッキのこのカードが採用される可能性は否定できない。と断言できるぐらい優秀で偉大なカードだ。やはりテキストが短いかーどは素晴らしい能力とハイパーなスペックと高性能のカードを持っていると言うがこのカードはその鉄則にとてもよくあてはまっている。

さて今回の紹介はここまで!!

ではではーアディオス!!
  

やべええええ
 
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守   0
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、
または戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
デッキから「トリック・デーモン」以外の
「デーモン」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
「トリック・デーモン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
TUEEEEE!!暗黒界の間接的な強化が可能になっている!!なぜならトランスデーモンをサーチすることができるからだ

トランスデーモンは暗黒界デッキだと安定してアドバンテージを取ることができるいいカードなのでサーチできるようになるのはうれしい。

なおトランスデーモンとベージ、グラファをならぶことができればワンキルのも忘れずに
 


フレムベルというジャンルを知っているだろうか?
普通フレムベルと言ったら守備力200をリクルートするドッグがいろいろなデッキに出張しているが、そもそも守備力200を使って戦うのはフレムベルの専売特許だったはずなのに・・・今では他のデッキの支援してばかりである。

 しかしフレムべルは弱いデッキではない。どちらかと言えばファンデッキの中でもよく動く部類に入ると僕は思う。

現にチョウレンビートというジャンルでフレムベルが大活躍している。たしかに炎王、炎星、ラヴァル等のデッキと違い派手さには欠けるが、展開力はそこそこあるしトラップを積むことができるので手堅くビート出来るのがこのデッキの特徴だと思う。
 さて次はカードの紹介をしよう
続きを読む

このページのトップヘ